用語集

食味ランキングとは?

日本穀物検定協会が毎年、生産年の翌年2月頃に白飯を試食して評価する食味官能試験に基づき食味ランキングとして公表しています。 基準米よりも特に良好なものを「特A」 基準米よりも良好なものを「A」 基準米と同等なものを「A’」 基準米よりもやや劣るものを「B」 基準米よりもやや劣るものを「B’」 米の食味ランキングは、主な産地品種銘柄について、供試試料米食味官能試験した結果に基づいて評価するものであり、流通するすべてのお米を評価しているものではありませんのでご注意ください。

基準米とは?

基準米は「複数産地のコシヒカリのブレンド米」を中央値「A’」とします。

日本穀物検定協会とは?

日本穀物検定協会は、昭和26年4月に食糧配給公団による米穀の配給制度が廃止され、民営の卸、小売りによる販売制度に移行されたことに伴い、 昭和27年に穀物等の流通の円滑化に資することを目的として東京で設立され、 引き続き横浜・大阪・神戸・福岡・名古屋・長崎の各地に社団組織の協会が、 また、広島・静岡・京都・小樽にその支部が設立されました。  昭和30年8月には、全国的に検定方法の統ーと技術の向上を図るため、これら各地の社団法人が発展的に解散し、新たに財団法人日本穀物検定協会として統合し再発足しましたがその後、公益法人制度改革により平成24年に「 一般財団法人」へ移行。  主な事業内容は、公益目的事業である食味ランキング試験をはじめ、農産物検査、輸入雑穀類検定、農産物検査員育成研修、米の情報提供システム、飼料・包装証明、JAS認定、残留農薬・かび毒・微生物・放射能・重金属・DNA分析、産地判別、 栄養成分、小麦や大豆の加工適性試験、お米アドバイス事業、食糧倉庫管理システム、計量管理、米の食味官能試験のほか、中国検査機関との技術交流及び業務提携などを行っております。 ホームページ:http://www.kokken.or.jp/

食味官能試験とは?

専門の食味評価エキスパートパネル20名が、基準米と試験対象米とを食味評価6項目(外観・香り・味・粘り・硬さ・総合評価)に関して比較評価する相対法により行います。

食味評価6項目

1.外観 2.香り 3.味 4.粘り 5.硬さ 6.総合評価

硬さの評価

硬さは、ご飯を噛む時の歯ごたえとしていますが「硬さ」を 「柔らかさ」と表現する場合もあります。

結果の判定

基準米と各資料の平均値の差の優位性によって結果を判定します。

必要サンプル量

1点につき玄米3kg

食糧管理制度とは?

主食である米や麦などの食糧の価格や供給等を、日本国政府が管理する制度。 1942年(昭和17年)創設、1995年(平成7年)に廃止された。

産地品種とは?

評価対象産地品種の選定基準として県の奨励品種であり、作付面積が県内上位3位以内でかつ1500ha以上、検査等級1等の品種とする。 尚、対象品種のうち生産・流通の実情から、同一都道府県を二つ以上の地区に区分されている場合は、その地区別に食味官能試験を実施。

供試試料米とは?

供試試料米は各都道府県内または、地区内で代表的産地を選定し品種特徴の明確な米を選定する。 検査等級は原則として一等級米とし、試料米の容量は玄米3kgとする。

食味評価エキスパートパネルとは?

日本穀物検定協会において選抜訓練した専門の評価員である。 人員は20名で食味の順番による評価の偏りを無くするため1グループ3~4名の6グループに編成し、グループ別に試食の順番を変えて食味評価を行う。

Attention

美味しいお米ランキングは、日本穀物検定協会が白飯を試食して評価する食味官能試験に基づき、産地品種について評価し発表したデータを入力し掲載しております。 米の食味ランキングは、主な産地品種銘柄について、供試試料米を食味試験した結果に基づいて評価するものであり、流通するすべてのお米を評価しているものではありませんのでご注意ください。